ジョホール州のアミナ王女が結婚

(マレーシア)ジョホール州のスルタンの一人娘とオランダ人男性との豪華な結婚式が催された。
 トゥンク・トゥン・マイムナ・イスカンダル・スルタン・イブラヒム(Tunku Tun Aminah Maimunah Iskandariah Sultan Ibrahim)王女(31)とデニス・ムハマド・アブドラ(Dennis Muhammad Abdullah)さん(28)の結婚式が、8月14日、ジョホールバルの州王宮イスタナ・ベサルで盛大に開かれた。

3年の交際期間を経て、晴れて夫婦に

 アブドラさんは2015年にイスラム教に改宗し、名前も生誕名のデニス・ベルバース(Dennis Verbaas)からイスラム名へと改名。現在はジョホール州内の土地開発企業に勤務している。
 交通警察の白バイとジョホール軍 (johor Military Force;JMF)の車両に先導された新郎新婦のベンツは午後8時35分に州王宮に到着した。
 結婚式はマレーシアのイスラム教徒の様式にのっとったが、式は非公開で近親者と友人のみが出席した。そのあと、約1200人のゲストが出席した披露宴が開かれた。なお、ジョホール州王室は、国内の州スルタンとしてはで唯一、私設の軍隊を所有している。
 アミナ王女(31)はジョホールバル動物愛護協会の名誉会長などをつとめている。新郎のデニス・ムハンマド・アブドラ氏とはサッカーを通じて知り合ったという。
(8月15日NST)

「ライビーナ」濃縮商品を回収;サントリー

(マレーシア)サントリー食品インターナショナルのマレーシア関連会社サントリー・ビバレッジ・アンド・フード・マレーシアは8月14日、同社が製造する果汁入り清涼飲料「ライビーナ」濃縮商品を、国内市場から自主的に回収すると発表した。ボトリングの過程で空気にさらされたことが判明したため。
 これらの製品は、規定の賞味期間内に製品の質が劣化する可能性がある。ただ、当該商品の全部がそうなるわけでない。同社は、消費者に対して、変な味や匂い、色具合が変な当該商品を見つけたら飲まないように呼びかけている。
※回収対象商品(括弧内は賞味期限)
★Ribena Concentrate Blackcurrant Regular(2018年5月~8月)
★Ribena Concentrate Blackcurrant and Glucose (2018年5月~8月)
★ Ribena Concentrate Blackcurrant and Strawberry (2018年2月~3月)
★ Ribena Concentrate Blackcurrantand Blueberry (2018年2月~3月)
★ Ribena Concentrate Blackcurrant and Apple (2018年4月~5月)
(詳細はライビーナ・マレーシアFB参照;https://www.facebook.com/RibenaMalaysia/).
(8月14日ライビーナ・マレーシアフェイスブック)

外国人350人を連行;IS戦闘員がいる?!

(マレーシア)8月13日、マレーシア警察庁公安部テロ対策課(CTU) と機動隊、自警団リラ、国民登録局、出入国管理局などが大量の警官・取締官を動員し、ネグリ・スンビラン州ニライ3のパキスタン人が多数住んでいるエリアで不法移民の取り締りを実施し、外国人350人を連行した。

ISIS-Kとは

 同課のアヨブ・カーン課長補佐によると、ショップハウス742戸の立入検査で外国人700人の身分証明書や旅券・ビザ等を検査。イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)の関連組織でアフガニスタンとパキスタンの国境地帯で活動している「ホラソン州のIS」(ISIS-K)=Islamic State Khorasan=のメンバーまたは支援者の疑いのもたれる350人を連行した。

ニライ3に逃走か?

 テロ対策課は8月6日にKLのジャラン・マスジド・インディア一帯で同様の取り締りを実行したが、その際、<パキスタンやアフガニスタンから密かにマレーシアに潜入したISIS-Kの戦闘員(複数)が、警察の目を盗んでジャラン・マスジド・インディアからニライ3に逃走した>との情報が同課にもたらされた。
 この情報にもとづき今回、ニライ3の多数のパキスタン人が居住するエリアで外国人居住者の身元をチェックした(アヨブ課長補佐)。
 これに先立ち、テロ対策課は10日に、首都圏の公私立大学の学生約100人を連行し取り調べたばかり。
(8月13日サン)

フェルダのイサ前会長を逮捕!

(マレーシア)マレーシア汚職防止委員会(MACC)は8月15日午後、マレーシア連邦土地開発公団(FELDA、フェルダ)のイサ・サマド前会長を逮捕した。
 MACCは8月1日にフェルダ傘下の投資会社フェルダ・インベストメント・コーポレーション(FIC)のザイド・アブドル・ジャリル前CEO(46)とザヒド・アリプ前会長(イサ・サマド氏)補佐を逮捕ずみ。

不動産買収に絡む汚職事件

 MACCは2013年から2015年間の、ロンドンにおける総額6000万ポンド(3億3000万リンギ)の高級不動産買収に絡む汚職事件を捜査中。FIC上層部は、市場価格(1億1000万リンギ)の3倍の価格で買収し、FICに大きな損害を与えたといわれる。
 MACCはまた、FICがクチンのホテルを市場価格よりも4000~5000万リンギも上回る1億6000万リンギで買収した件も捜査中だ。

MACC本部で事情聴取後に逮捕

 イサ・サマド前会長は15日プトラジャヤのMACC本部に出向き事情聴取をうけたが、午後4時24分に逮捕された。MACCの取締官は同夜、セランゴール州にあるイサ容疑者の自宅を家宅捜索した。
(8月15日NST)

Eカード偽造集団を摘発、2人逮捕

(マレーシア)出入国管理局は8月14日、不法就労外国人に発給される臨時外国人労働許可証=Eカード=偽造シンジケートを摘発し、2人を逮捕、偽造に使用していたパソコンやプリンターなどを押収した。
 同局取締官は13日、KL市内アンパン地区でシンジケートのバングラデシュ人構成員2人を逮捕した。このうちのひとりは「教授」と呼ばれていた男で、シンジケートの親玉とみられる。  
 調べで、この集団は3万リンギを「投資」して偽造ビジネスをはじめ、昨年1年間に月平均5万~7万リンギを売上げ、数十万リンギを稼いだことがわかった。
 偽造品はEカードのほか、学生ビザ、ソーシャルビジットパス、建設業開発局(CIDB)カード、旅券。1通1000~4000リンギでバングラデシュ人に売りさばいていた。
(8月14日NST)

19歳を強姦、父親ら4人を逮捕!

(マレーシア)19歳の女性を強姦した祖父、父親、叔父2人の計4人が8月11日にサラワク州lクチンで逮捕された。
警察の発表では、57歳、42歳、28歳、26歳の4人は、女性が13歳だった時から断続的に強姦し続けたという。女性によれば、妹(14)も9歳から4人に強姦されてきた。
 女性は妊娠しており、11日に警察に通報し、病院で検査を受けた。警察は拘留した4人をきびしく取り調べている。
(8月12日NST)

92歳女性を殺害、韓国人を指名手配

(マレーシア)パハン州ベトン警察署は8月15日、ゲンティンハイランドのホテルで92歳の中国人女性を殺害して逃走した韓国人の男(57)を指名手配にした。
 発表では、スンは14日午後3時半頃、被害者ヒアン・リエンジンさんの部屋に押し入り、ヒアンさんとマレーシア人メイドを縛り上げ顔面などを殴った。スンは、ぐったりとしたヒアンさんをトイレに押し込みさらに暴行を加え、部屋を出て行ったという。
 ヒアンさんは韓国で生まれたが、国籍は中国。スンは被害者の長男といさかいを起こしており、腹いせにヒアンさんに暴行したものと警察はみている。ヒアンさんは15日午前8時40分にトイレで発見されたが、すでに死亡していた。
(8月15日NST)