HSR共同開発パートナー入札スタート

(マレーシア)マレーシア財務省傘下のMyHSR公社とシンガポールの陸運庁(LTA) は8月19日、高速鉄道(HSR)事業プロジェクトの共同開発パートナー(Joint Development Partner 、JDP)を募集する入札を22日に開始すると発表した。
 JDPは技術・安全面の基準策定やHSRの開発・運営面で、MyHSR公社とLTAをアシストする。HSRはKLとシンガポールのジュロン・イースト間350キロメートルを90分間で結ぶ高速鉄道だ。

2026年開業をめざす

 マレーシア、シンガポールの両政府は去る7月19日、クアラルンプール(KL)とシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)開業時期について2026年を目指すことで合意した覚書に調印した。ナジブ、リー両国首相が調印に立ち合った。
 停車駅は、マレーシア国内がKL市内のバンダル・マレーシア、行政都市プトラジャヤ、ヌグリスンビラン州スレンバン、マラッカ州アユルクロー、ジョホール州ムアル、バトゥパハ、イスカンダル・プテリの7カ所、シンガポールがジュロン・イーストとなる。
(8月19日ベルナマ通信)

ペトロナス、減収減益;上半期

(マレーシア)マレーシア国営石油会社ペトロナス (Petronas) は8月22日2016年上半期(1~6月)決算を発表した。
 国際原油価格の低迷と売上げ減により純利益は前年同期比約72%減の62億リンギ、売上高は同約23%減の976億リンギだった。
(8月22日スター)

セランゴールで暴力団員137人を逮捕

(マレーシア)8月6日にスタートした「特別暴力排除作戦」(Ops Cantas Khas 2)で、セランゴール州警察が大きな成果をあげている。
 8月21日、州警のファウド・アブドル・ラティフ副本部長は、同日までに凶器所持、強盗、窃盗、詐欺、恐喝などの容疑で137人を逮捕したと発表した。
 そのうち76人は暴力団「36」、「04」、「サトゥ・ハティ」などの構成員。このほか、同作戦中、州警は賭博の道具3695台を押収して廃棄した。
(8月22日サン、東方日報)

銀4と銅1を獲得;リオ五輪

(マレーシア)8月22日に閉幕したリオ五輪で、マレーシア選手代表団(32人)は銀メダル4個と銅メダル1個を獲得した。残念ながら金メダルは持ち帰る事ができなかった。
 過去、マレーシアが好成績を挙げた大会は銀1銅1を獲得した1996年アトランタ五輪と2012年ロンドン五輪だ。今回はこの2大会のメダル数を超える成績をおさめた。
(8月22日東方日報)

入院中だったナザン前大統領が死去

(シンガポール)S・R・ナザン前大統領が8月22日夜(午後9時48分)、シンガポール中央病院(SGH)で死去した。92歳だった。ナザン氏は7月31日に脳卒中で倒れ入院していた。
 ナザン氏はシンガポールの政治家、外交官、公務員、企業家。1924年生まれ、マラヤ大学卒業後1966年外務省入り。国防省安全保障情報部長を経て79年に外務省第1次官。
 駐マレーシア大使、駐米大使などを歴任した後、19999年 8月18日に無投票でシンガポール共和国大統領に選出され、2005年 8月18日に無投票で大統領再選、2期つとめたあと2011年9月1日に大統領を退任した。 
 実業界では、三菱重工シンガポール社長、英字紙ストレートタイムズ社長をつとめた。ナザン氏はインド系シンガポール人。
(8月22日 チャンネルニュースアジア)

リー首相、静養入り;8月29日まで

(シンガポール)8月21日夜、恒例の独立記念日祝賀ラリー(政治集会)で体調不良を訴えたリー・シェンロン首相(64)が、医師団の勧告を受け入れ、大事をとって静養入りした。首相府の22日発表では今月29日まで休む。
 首相は演説の最中にめまいを覚え、演説を中断し退場した。しかし、1時間20分後に演壇にもどり演説を最後までやりおえた。
 首相府は「リー首相はこのところ多忙で疲れがたまっていた。特別どこかが悪いということではない」と発表した。
 リー首相は1992年に悪性リンパ腫(がん)と診断され化学療法で治癒した。2015年2月にも前立腺がんの切除手術を受けている。リー首相不在中は、テオ副首相が首相臨時代理をつとめる。
(8月22日チャンネルニュースアジア)

ヘン財務相、8月22日に職務に復帰

(シンガポール)3カ月前に脳卒中で倒れたヘン・スウィーキート財務相(54)が回復し、8月22日に職務に復帰した。
 首相府の発表では、ヘン財務相の負担を軽減するため、レーレンス・ウォン国家開発相が第2財務相を兼務する。同時にサルマン副首相の財務相兼務を解いた。
 リー首相は、ヘン財務相に当面次期政府予算案の作成と未来経済委員会(Committee on the Future Economy 、CFE)の仕事に専念させる方針。ウォン第2財務相はヘン氏を補佐し、財務省全般を監督する。
 ヘン氏は5月12日午後。閣議出席中に突然倒れた。タントクセン・ホスピタルで手術を受けたあと奇跡的な回復をとげ(リー首相)、職務に復帰できることになった。
(8月22日チャンネルニュースアジア)