海賊、パームオイル3700トンを強奪

(マレーシア)タグボートにより牽引されていたパームオイル満載の艀(はしけ)=バージ(barge)=を海賊が襲いバージを強奪する事件が11月22日未明、サラワク州クチン沖合で起きた。
 海上法令執行庁(MMEA/海保)によると、刃物で武装した海賊は午前4時頃、インドネシアのシンカワン沖合の海上で、サバ州の海運会社所有の「エバーオメガ(Ever Omega)号」乗組員4名)/バージ(乗組員6名)に乗り込み、乗組員全員を縛り上げたあと、パームオイル(3700トン/1850万リンギ=約4億8100万円相当)ごとバージを盗み去った。バージはペナン州バタワースに向かう途中だった。
  
11月23日に発見

 MMEAは11月23日午後6時になって、バージとその乗組員6人を発見し、インドネシア当局にそのむね通知した。パームオイルは持ち去られていた。
 「エバーオメガと乗組員4人は無事で、MMEAパトロール艇に護送され23日正午までにジョホール州タンジュン・ペンゲリ埠頭に戻った。
(11月24日NST)

広告

メイド派遣、カンボジアが再開

(マレーシア)カンボジア政府はマレーシアへのメイドの派遣を再開する。両国政府は11月29日、KLで、派遣再開に関する合意覚書(Memorandum of Agreement 、MoA)に調印した。
 調印式にはカンボジアのサム・ヘン労働職業訓練相が立ち合い、マレーシア外国人メイド斡旋所協会( PAPA)のジェフリー・フー会長と労働職業訓練省のセン・セクダ事務次官が署名した。
 フー会長は、「マレーシアのメイド不足は深刻だ。カンボジア人メイドを年間2万人受け入れることになるだろう」と語った。

派遣禁止までの経緯

 カンボジアは2011年10月に、賃金未払いや残業の強要、身体・精神的虐待などの被害に遭ったとの報告を受けてマレーシアへのカンボジア人メイドの派遣を禁止した。
 当時、カンボジアの地域法律教育センターは、マレーシアでこれまでにカンボジア人メイド3人が殺害され、さらに2人が強姦・監禁されたと発表した。
(11月29日スター)

散歩中の高齢者3人が襲われ負傷

(マレーシア)ペナン州ニボン・テバルのシンパン・アマト(半島部)で11月27日早朝、友人2人と一緒に散歩中だった女性(66)が、車からおりた2人組に襲われ、身につけていた貴金属品(200リンギ相当)を奪われた。
 警察発表では、被害者は友人2人(70歳と78歳)と散歩していた午前6時半ごろ、乗用車が近くで停車し、男2人が降りて3人を襲った。
 3人は慌てて逃げたがすぐに追いつかれ、被害者の女性が殴られ、貴金属品を奪われた。被害者は病院で手当てを受けたが、命には別状ないという。友人2人も、強盗を制止しようとして手や膝に軽傷を負い、近くのクリニックで手当てを受けた。事件発生当時、まだ暗かったため、犯人の顔はよく見えなかったという。
 犯行の様子は監視カメラがとらえていた。マレーシアで散歩、ジョギングをする時は、野犬と強盗に要注意だ。
(11月29日スター)

乗用車と接触、日本人サイクリスト死亡

(マレーシア)ジョホール州南部のスルタン・イスカンダル・コースタル・ハイウェー
を走行中だった日本人男性サイクリストが11月26日午前、事故に巻き込まれ、28日午前7時半に入院先の病院で死亡した。
 イスカンダル・プテリ警察署の発表によれば、男性はシンガポール国籍をもち同国の日系企業に勤務するキムラ・シュンスケさん(52)で、仲間2人と一緒にサイクリング中だった。
 キムラさんの自転車とぶつかった乗用車はマイビで、ドライバーは50歳の男性。警察が事故原因を調べている。
 キムラさんと軽傷の仲間ひとりはスルタナ・アミナ・ホスピタルに搬送されたが、キムラさんは手当てのかいなく死亡した。3人目のサイクリストは無事だった。
(11月28日NST)

バスが路傍の畑に転落、1人重傷

(マレーシア)ジョホール州セガマットからジョホールバルに向かって走行していたエクスプレスバスが対向車線を走っていたトレーラ−と接触し、路傍の畑に転落する事故が11月23日午後4時20分ごろに起きた。
 この事故で、バス乗客ひとりが重傷、13人が軽傷を負った。ほかの26人は無事だった。警察がバスとトレーラ−の運転手から事情を聴いている。
 トレーラーが急に車線を変更し、正面衝突するかもしれないと判断したバスの運転手がそれを避けようとハンドルを切りすぎたことが原因のようだ。
(11月23日NST、スター)

「KLビエンナーレ2017」開催中;3月末まで

(マレーシア)マレーシア国立美術館(ナショナル・アート・ギャラリー/National Art Gallery )では、11月1日から「KLビエンナーレ2017」( KL Biennale 2017
)を開催中だ。開催期間は2018年3月30日までの5カ月間だ。
 11月23日に、ナズリ観光・文化相が出席して開幕式が実施された。「KLビエンナーレ」のテーマは「Alami Belas / Be Loved」で、内外のアーティストの作品114点が展示されている。ビエンナーレは、2年に1回開かれる美術展だ。
(11月25日NST)

マレーシアで約80万人が出国禁止

(マレーシア)出入国管理局のムスタファ・アリ局長は11月27日、マレーシアで出国禁止命令を受けている人は79万186人と発表した。そのうち44万7890人は
国家高等教育機関公社( PTPTN)から奨学金を受け取ったが返済していない元奨学生である。
 ほかは破産局のブラックリストに載っている13万8028人、国税庁の同10万7884人、年金局(EPF)7024 人、関税局6091人 出入国管理局1543人となっている。
(11月28日スター)