「外国人警備員」766人を検挙

(マレーシア)2015年から今年6月末までの2年半に、出入国管理局は労働許可証をもたないもぐりの外国人警備員766人と、これらの外国人を雇用した雇用主13人を検挙した。ムスタファ・アリ局長が7月22日に発表した。
 警備員として違法労働をしていた外国人766人のうち、342人はネパール人、185人がパキスタン人、ほかはインド人(78人)、インドネシア人(78人)など。
 2015年~2017年6月30日の期間に、同局は379回の取り締りを実施し、1556人をチェックした。
(7月22日スター)

リー選手のバドミントン学院、オープン

(マレーシア)イポーのクレバンガーデン(Klebang Garden)にあるMBCスタジアムに7月22日、マレーシアの著名バドミントン選手、リー・チョンウエイ氏の「リー・チョンウエイ・バドミントン学院」(LEE CHONG WEI BADMINTON ACADEMY)がオープンした。リー氏は北京、 ロンドン、リオの3オリンピックで連続で銀メダルに輝いた選手だ。

3校目

 開所式には、マレーシア・バドミントン協会のモハンマド・ヌサ会長をはじめ各バドミントン・スクールの関係者やリー氏の知人、友人ら約1000人が出席した。リー氏はペラ州生まれ。「リー・チョンウエイ・バドミントン学院」はペラ州に2カ所あり、MBCスタジアム校は3つ目のアカデミーである。

100万リンギを寄贈

なお、イポーのカフェチェーン「オールドタウンホワイトコーヒー(OldTown White Coffee)は、「リー・チョンウエイ・バドミントン学院」に100万リンギを寄贈した。この資金は奨学金にあてられ、将来有望な学生に提供される。
(7月22日星洲日報、光華日報)

レアル・マドリードのロナウド選手、シンガポールへ

(シンガポール)レアル・マドリードのストライカー、クリスティアーノ・ロナウド選手が7月21日シンガポールを訪れ、シンガポール人大富豪ピーター・リム氏と面談した。
 リム氏はサッカースペイン1部リーグのバレンシア(Valencia CF)のオーナー。2015年、香港(Hong Kong)に拠点を置くリム氏が所有するミント・メディア(Mint Media)社が肖像権を獲得、ロナウドと6年契約を結んでいる。
 同日午前、ロナルドは、トムソン・メディカルセンターに足を運び、リム氏と面談した。同センターには、出産したばかりのリム氏の愛娘が入院中だ。
ロナルドは午後、リム氏のオフィスがある「グレートワールドシティー」に姿を見せ、ファンの求めに応じてサインをした。
 夜、同モールにある日本料理店「廚(くりや)ダイニング」で食事(寿司)をしたという(写真は廚ダイニングのフェイスブック:https://ja-jp.facebook.com/Kuriya-Dining-Great-World-City-110863318939507/参照)。英字紙ストレートタイムズが7月22日に報じた。
(7月22日スター)

SBK線の利用客、14万人を突破

(マレーシア)7月17日に全線開通となったMRTスンガイブロー・カジャン(MRT SBK) 線の利用客が、7月22日に14万人を突破した。
 MRTを運行するラピッド・レール社(Rapid Rail Sdn Bhd)のゾハリ・スライマンCEOが7月23日に明らかにした利用客数は、次の通り。なお、7月17日~8月31日の約1カ月半は運賃半額となっている。
---------
・7月17日;10万
・7月18日;9万0,409
・7月19日;9万6,887
・7月20日;9万5,009
・7月21日;11万0,782
・7月22日;14万2,313
---------

 MRT SBK線は全長51キロメートル、全31駅。フェイズ1は スンガイブロー/セマンタン間の12駅、 セマンタン/カジャン間のフェイズ2は19駅だ。
(7月23日スター)

デング熱感染者5万人突破

(マレーシア)「国民ひとりひとりが、媒介蚊撲滅に協力すべきだ。さもなければ、デング熱感染者・死者は増加の一途をたどる」。
 スブラマニアム厚相は7月22日、このままいけば、今年のデング熱感染者数・死者数は2016年並みかそれ以上になると語った。
 昨年のデング熱感染者数は10万1000人、死者は230人だった。今年は7月22日の時点で感染者5万1000人、死者122人となっている。
(7月23日NST)

狂犬病汚染地区、20カ所に増加

(マレーシア)サラワク災害管理委員会事務局は7月22日、州都クチンの2地区で狂犬病ウイルスに感染した動物が見つかったため、■Kampung Entubuh Tebedu 、■Jalan Semeba の2カ所を狂犬病汚染地区に指定したと発表した。
 同州では、クチンから約60キロのセリアン地区ではじめて狂犬病感染者が見つかっている。狂犬病はついにクチンにまで拡大した。
 事務局はすでに次の18カ所を汚染地区に指定しており、これで指定地区は20カ所となった。
<汚染地区18カ所>
■Kampung Kerait
■ Kampung Paon Rimu
■Kampung Paon Rimu Bakung
■ Kampung Remun
■ Kampung Lebor
■ Kampung Saroban
■ Kampung Tangga
■Kampung Ampungan
■Kampung Mentong Berawan
■Kampung Mentong Silaga
■Kampung Engkabang
■ Kampung Tampek Sumpas
■ Kampung Rasau
■ Pekan Siburan
■ Bandar Serian
■Batu 45
■ Kampung Temong Mura
■ RH Janta Punggu Mawang
(7月23日NST)

狂犬病で入院の52歳男性、死亡

(マレーシア)7月11日にサラワク中央病院に入院し、18日に狂犬病と判明した男性(52)が、24日午後10時に死亡した。同州で狂犬病に感染した亡くなった人は、これで5人となった。
 カンポン・レムン=Kampung Remun =に住んでいたこの男性ティンディン・アク・ランバンさんは、今年5月に犬に噛まれ、下肢の衰弱、しびれ、背中の疼痛などを訴え、7月11日にサラワク中央病院に入院していた。
(7月24日東方日報)