MIERが2019年GDP成長率予測を4.6%に上方修正

(マレーシア/経済) 独立系シンクタンクであるマレーシア経済研究所(MIER)が2019年の前年比GDP成長率予測を4.5%から4.6%に上方修正した。
修正は予測モデルを変更したためとのことで、MIERのカマル・サリ所長は「上方修正という形だが、グローバル経済の逆風と市場マインドの悪化という要因から、我々はマレーシア経済の先行きを楽観視していない」と説明した。
 MIERが集計しているビジネス・コンディション指数は2019年第1四半期の94.3%から第2四半期には94.2%に微減した。消費者信頼感指数は2019年第1四半期の85.6ポイントから第2四半期は93ポイントに上昇しているが、消費者の購買意欲は特に住宅や自動車などの高額商品を中心に慎重な態度を示すとMIERは分析している。
(7月29日 The Sun Daily)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中