化粧品販売セフォラ、顧客データが流出

(マレーシア)仏高級ブランド大手LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン傘下の化粧品・香水専門店セフォラ(Sephora)は、マレーシアを含む一部の国・地域で、ネット通販を利用する顧客の個人データが流出したことを7月30日までに明らかにした。
 個人データ漏えいの影響を受けているのはマレーシア、シンガポール、インドネシア、タイ、フィリピン、オーストラリア、香港、ニュージーランドの一部の顧客だ。
 セフォラの東南アジア担当マネージングディレクターのアリア・ゴギ氏によれば、漏洩した情報にはユーザーの姓名、生年月日、性別、Eメールアドレス、などに関するデータが含まれるという。
(7月30日サン、ベルナマ)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中