マレーシアは麻薬戦争で重大な局面にある

(マレーシア/社会) --警官にも麻薬中毒者が広がり、ほぼ毎週の頻度で麻薬摂取で警官が逮捕されている。麻薬被害の蔓延をふせぐため、マレーシアは麻薬戦争で重大な局面に立たされている。
7月30日、アブドル・ハミド・バドル警察庁長官が7月29日にこのように警告した。さらにアブドル・ハミド警察庁長官はかなりの数の麻薬密造が日常的に摘発されており、新たな主要麻薬供給源としてマレーシアが浮上する可能性が高い点にも強い懸念を表明した。
 今年に入ってから麻薬摂取で逮捕された警察官は約30人であり、事態を重く見たアブドル・ハミド警察庁長官は包括的な取り組みについて政府と協議中だという。
(7月30日 The Star)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中