DAPのビビアン・ウォン氏が当選;サンダカン補選

(マレーシア)サバ州サンダカン選挙区(有権者4万131人)で5月11日に連邦下院補欠選挙が実施され、与党連合・希望同盟(PH)構成党・民主行動党(DAP)のビビアン・ウォン・シアイー氏(30)が、同州与党連合・サバ統一連合(GBS)構成党であるサバ統一党(PBS)のリンダ・ツェン・タウリン氏(63)を1万以上の票差でやぶり当選した。投票率は54.4%だった。
 弔い選挙となったウォン氏の獲得票数は1万6012票、ツェン氏は4491票だった。補選は、DAP支部長のスティーブン・ウォン・ティエンファット氏が3月28日に心臓疾患で死去したことに伴い実施された。ビビアンさんは故スティーブン氏の娘。補選には無所属の3氏を含む5人が立候補した。
(5月12日スター、東方日報)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中