セント・ジョージ教会、建立200周年

(マレーシア)ペナン島ジョージタウンの中心街にあるセント・ジョージ教会が5月に建立200周年を迎えた。この教会は1819年5月に竣工、同年5月11日に献堂式がおこなわれた東南アジア最古のイギリス教会。大理石の床と高い尖塔をもつ白亜の建物で、広い芝生と樹齢を経た木々の緑が美しさをより引き立てている。2007年8月、マレーシア政府は国民の文化遺産としてセント・ジョージ教会を認定し、2010年より約1年をかけて大規模な修復作業が進められた。
(5月12日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中