ボーイング737MAX8運航停止:CAAM

(マレーシア)エチオピアでエチオピア航空の最新鋭旅客機ボーイング737MAX8が墜落したのを受けマレーシア民間航空局(CAAM)は3月12日、同型機の運航を停止させた。暫定的措置である。なお、マレーシアの航空会社はどこもボーイング737MAX8を使用していない。
 エチオピアの首都アディスアベバ郊外で10日、エチオピア航空の旅客機(米ボーイング社の最新鋭の小型機「737MAX8」)が墜落し、157人全員が死亡した。
 同型機は昨年10月にもインドネシアで離陸直後に墜落している(乗員乗客189人全員死亡)。半年足らずの間に墜落事故が2度も起きた。
(3月12日スター、東方日報)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中