日本の投資家の信頼が回復

(マレーシア)リム・グアンエン財務相は2月11日、マレーシアの政府系投資機関ワン・マレーシア・デベロップメント(1MDB)スキャンダルへの対処を判断材料にして日本の投資家はマレーシアに対する信頼を回復しつつあり、投資にも前向きになっているとの見方を示した。サムライ債発行について説明するため2月上旬に日本を訪問したリム財務相は、日本の投資家との会談からそうした感触を得たと語った。
 財務相は「日本の投資家は1MDBスキャンダルを恐れて投資をためらっていたが、不祥事に対してしかるべき措置がとられているのをみて、マレーシアに戻ることを希望している」と指摘。「日本以外にも中国などの国からの投資を呼び込みたい」との希望を表明した。
 財務相はまた、マレーシアの2018年の工業生産指数が前年比3・1%の伸びを示したことを背景に、19年の経済成長が改善する見込みだとの楽観的な見通しを示した。
 このほか、18年の輸出額が1兆リンギの大台に迫ったことや貿易黒字が前年比22%増の1200億リンギに達したこと、インフレ率が過去9年間で最低の1%におさまったことなどの経済指標をあげ、経済成長を促す兆しがみえてきているとの期待感を表明。
 世界経済に不安感を与えている米中間の貿易戦争についても、短期的にはマレーシアに利益をもたらすのではないかとの楽観的な見方を示している。
(2月11日ベルナマ通信)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中