実業家を誘拐、16人を逮捕

(マレーシア)ジョホール州で誘拐犯16人が逮捕された。同州警察の発表によれば、1月27日午前7時ごろ、イスカンダル・プテリ地区のジャラン・ゲラン・パタで友人と一緒にジョギングをしていた実業家(57)が誘拐された。
 誘拐犯は、シンガポールに野菜を輸出するビジネスをしているというこの被害者と友人を待ち伏せ、威嚇発砲のあと、男性を連れ去った。友人が通報し、警察が捜査に乗り出した。
 誘拐犯は身代金180万リンギ(約5000万円)を要求、身代金を家族が支払ったあと、男性は31日に解放された。その後、警察は女3人を含む16人を次々に逮捕し、事件を解決した。回収された身代金は10万8188リンギだけで、警察が残りを捜している。
 16人のうち4人は暴力団「ギー・ティオンセン」と「アーホー」の組員、ひとりは「ギー・ティオンセン」の組長という。
(2月8日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中