中国人旅行者がシュノーケリング中に溺死

(マレーシア)サバ州コタキナバル近郊のムンガルム沖合でシュノーケリングをしていた中国人旅行者が1月7日、溺死した。死亡したのは広東省出身のチェン・シャオリンさん(26)で、友人たちやガイドとシュノーケリング中に波にさらわれた。
 チェンさんが溺れているのをみたガイドは、チェンさんを海岸に引き上げ人工呼吸をほどこしたが、その甲斐なく息をひきとった。
 チェンさんは1月5日に28歳と29歳の2人の友人とサバ州を訪れ、同地に1週間以上滞在する予定だった。
(1月9日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中