ネット犯罪被害額、3億リンギ;10月まで

(マレーシア) 「ネット犯罪の国内被害総額は今年だけで既に3億リンギ(約81億円)に達している」、ゴビンド・シン・通信マルチメディア相が10月8日の記者会見の席上、このように警告した。
 2018年1月1日から10月3日までの期間に商業犯罪取締局(CCID)に出されたネット犯罪の被害届は総計8313件で、電話や電子メールなどを介しての詐欺、電子金融関連詐欺、電子商取引関連詐欺、ナイジェリア詐欺(当地では419 scamsと呼称)が主な手口だった。

被害額
 被害額は電話や電子メールなどを介しての詐欺が1億6260万リンギで最大となり、 電子金融関連詐欺が3720万リンギ、 ナイジェリア詐欺が8008万リンギ、電子商取引関連詐欺が1956万リンギを記録した。
(10月8日マレーメール)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中