住宅価格を6~10%引き下げ;REHDAペナン

(マレーシア)住宅バイヤーには朗報。マレーシア不動産・住宅開発業者協会(REHDA)のペナン支部=Penang Rehda=は9月11日、住宅価格を6%、10%引き下げると発表した。
 理由は、主要な建築資材が売上・サービス税(SST)の課税対象品目から外されたこと。
 ペナンREHDAのトー・チンリョン支部長の説明では、30万リンギ以上の住宅の場合は10%、30万リンギ以下の住宅でも6%値下げする。値下げの対象は、完工期がSST導入の9月1日以降の物件を含む新旧全プロジェクトだ。
(9月4日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中