RM350万盗んだ警備員17人を起訴

(マレーシア) 第14回総選挙(5月9日)当日の深夜、首相府の首相執務室に侵入して現金350万リンギ(約9450万円)を盗んだかどで、首相府ビルを警備していた警備員17人が8月7日、汚職防止委員会(MACC)に逮捕された。
 17人(31〜51歳)は、5月9日深夜、与党連合が負けたと知るや、誰もいない首相執務室に入り、現金をかき集め盗み去った。現金は金庫に保管されていなかったという。350万リンギはMACCによればUMNOの選挙資金だ。
 窃盗事件が発覚したのは、17人が5月10日以降にわかに金回りが良くなり、バイクを購入するなど金遣いが荒くなったため。不審な様子を受けてMACCが捜査に乗り出していた。MACCは17人の自宅から 84万700リンギ、バイク9台(約9万リンギ相当)を押収した。
(8月8日東方日報、スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中