HSR計画ですでに2億千万ドル費消;運輸相

(シンガポール)カウ・ブーンワン運輸相は7月9日国会での答弁で、マハティール首相が延期すると発表したシンガポール・KL高速鉄道(HSR)計画について、シンガポール側は今年5月末までで2億5000万Sドル(約2000億円)を費やしていると述べた。
 さらに、今年末までに4000万Sドルの出費が予定されているとのことで、シンガポール側の出費は年末までに3億Sドル近くになる見込みだ。

回答なく

 同相によると、シンガポール政府ははマレーシア政府に、同計画の今後についての立場を明らかにするよう求める書簡を送ったが、回答はないという。
 したがって、「シンガポールは協定に沿ってHSR計画の推進(作業)を継続するしかない」とカウ大臣は指摘、「計画をやめるなら、やめるで早期に、公式にシンガポールに通知してほしい。そうしないと出費は増え続け、マレーシアが支払う賠償金額も増大していく。あいまいにしておくことは双方にとって不利益だ」と続けた。
(7月9日チャンネルニュースアジア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中