配車サービス2社の買収取引は競争法違反

(シンガポール)シンガポール競争・消費者委員会(CCCS)は7月5日、配車サービスのグラブによる米ウーバーの東南アジア業務買収について、取引は競争法違反の可能性が濃厚との調査結果を発表した。
 買収取引により配車サービス業への新規参入が妨害されたとの判断を示したCCCSは、両社に罰金を科す方針だ。調査は、買収取引発表(4月13日)後の5月27日から開始された。
(7月5日チャンネルニュースアジア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中