タイ洞窟13人全員生還

(タイ) タイ北部チェンライ県のタムルアン洞窟に最後まで閉じ込められていた少年と男性コーチが全員救出されてから一夜明けた7月11日、少年らは搬送された病院で健康状態のチェックを受けた。血液検査の結果を確認し、体調に変化がないかを調べるため、約1週間入院する見通しだ。
 11日、保健当局者が記者会見し、13人とも健康状態は良好と発表した。閉じ込められていた計13人は8日から順次、救出され、閉じ込められてから18日目の10日に最後の5人が生還を果たした。最後に脱出したのはコーチだったという
 少年らは救出直後には低体温などの症状が見られ、体重も1~2キログラム減っていた。2人に肺炎の疑いがあったが、その後は順調に回復し、普通に歩くこともできるという。

■12少年
・Chanin Vibulrungruang, 11
・ Mongkol Booneiam, 12
・Somepong Jaiwong, 13
・Panumas Sangdee, 13
・Duganpet Promtep, 13
・ Ekarat Wongsukchan, 14
・Adul Sam-on, 14
・Nattawut Takamrong, 14
・Pipat Pho, 15
・Prajak Sutham, 15,
・Pornchai Kamluang, 16
・ Peerapat Sompiangjai,17
■コーチ
・ Ekapol Chanthawong, 25

(7月10日バンコクポスト、ネーション)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中