「収入を10%削減します」;国王

(マレーシア)マレーシア王室は6月11日、国王(ムハンムド5世)が国の巨額債務(1兆リンギ=約28兆円)やきびしい経済状況を憂慮し、在位期間中(~2021年)、収入を10%削減すると発表した。王室はこのほか、声明の中で次のようにのべている。
 「国王は、希望基金に寄付した国民に謝意を表明した」。
 「国王は、恒例の<ハリラヤ・アイディルフィトリ・オープンハウス(Hari Raya Aidilfitri Open House)>を今年は開催しないとした。その予算を困っている国民の援助に使うよう希望している」。

国王の収入

 与党・ブミプトラ団結党(PPMB)のカディカシン最高評議会委員がブログで明らかにしたところによれば、今年4月までの16カ月間に国王が得た収入(交通費、警備費、衣食住費、王宮スタッフの給与、贈答品代、儀式費、外遊費等)は2億5690万リンギ(約70億円)という。
(6月11日東方日報、スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中