SIAが1位:「世界の人気エアライン2018

 (シンガポール)トリップアドバイザーが4月9日、口コミで選ぶ「世界の人気エアライン2018」(Best Airlines in the World 2018 – Travelers’ Choice Awards)を発表した。
 シンガポール航空が世界1位に、以下ニュージーランド航空、エミレーツ航空、日本航空(JAL)、エバー航空、サウスウエスト航空、Jet2.com、カタール航空、アズールブラジル航空、大韓航空の順だった。日本のベストエアラインには日本航空が選ばれた。

69社を選出

 「世界の人気エアライン2018」は、2017年2月から2018年2月までの約2年間にトリップアドバイザーに投稿されたクチコミの数と評価をもとに、独自のアルゴリズムで集計してランキング化したもの。今年で2回目で、世界の航空会社69社が選出されている。

アジアから4社

 「世界のベストエアライン・トップ10」には、日本航空(4位)を含めアジアから4つの航空会社が選ばれ、他の地域に比べて最多数のランクインとなった。続いて中東の2つの航空会社がランクインしている。世界のベストエアライン・トップ10ほか、アジアのランキングは以下の通り。

クラス別

 クラス別では、「ベストファーストクラス」と「ベストエコノミークラス」にはシンガポール航空、「ベストビジネスクラス」にはカタール航空、「ベストプレミアムエコノミー」にはニュージーランド航空が選出されている。

世界のベストエアライン トップ10
1 シンガポール航空(シンガポール)
2 ニュージーランド航空(ニュージーランド)
3 エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)
4 日本航空(日本)
5 エバー航空(台湾)
6 サウスウエスト航空(アメリカ)
7 Jet2.com(イギリス)
8 カタール航空(カタール)
9 アズールブラジル航空(ブラジル)
10 大韓航空(韓国)
(資料;https://www.tripadvisor.jp/TravelersChoice-Airlines)

世界のベストサービスエアライン(クラス別)
◇ベストファーストクラス:シンガポール航空(シンガポール)
◇ベストビジネスクラス:カタール航空(カタール)
◇ベストプレミアムエコノミークラス:ニュージーランド航空(ニュージーランド)
◇ベストエコノミークラス:シンガポール航空(シンガポール)

アジアのメジャーエアライン-受賞航空会社
◇シンガポール航空(シンガポール)-ベスト
◇日本航空(日本)
◇エバー航空(台湾)
◇大韓航空(韓国)
◇全日空(日本)
◇ガルーダインドネシア(インドネシア)
◇アシアナ航空(韓国)
◇タイ国際航空(タイ)
◇キャセイパシフィック航空(中国)
◇チャイナエアライン(台湾)
◇ベトナム航空(ベトナム)

アジアのローコストエアライン-受賞航空会社
◇インディゴ(インド)-ベスト
◇シティリンク(インドネシア)

(4月9日トリップアドバイザー)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中