旧正月の空港利用客、40%増加

 (マレーシア)国内の空港を運営しているマレーシア・エアポート・ホールディングス(MAHB)は2月9日、チャイニーズニューイヤー(今年は2月16日が元旦)をはさむ2月14日〜18日の5日間、KLIAとKLIA2を利用する乗客の数がおよそ40%増加するとの予測を発表した。
 MAHBは警察ほかの関係機関と協力、混雑を解消するべく、全チェックインカウンターを開放するほか、(違法駐車をびしびし取締ることで)乗客の送り迎えをする車両のスムーズな走行をはかるなどの措置をとるという。

(2月9日サン)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中