MH370便の再捜索、1月スタート

(マレーシア)4年前の2014年3月8日にKLIAから北京に向かう途中で消息を絶ったマレーシア航空MH370便の旅客機について、マレーシア政府は1月10日、海洋探査を手掛ける米企業オーシャン・インフィニティ社と契約を結び、捜索活動を再開すると発表した。契約書の署名はプトラジャヤの運輸省ビルで両者が契約書に署名した。
 オーシャン・インフィニティは1月半ばからインド洋南部の2万5000平方キロの海域を中心に捜索を開始する。
 この契約では、90日以内に不明機(MH370便)の残骸かフライトレコーダー、または両方を発見すれば、最高7000万米ドル(1米ドル=112円で約78億4000万円)の報酬を支払う。いかなる発見もなかった場合は報酬はゼロが条件。捜索はオーシャン・インフィニティが申し出たという。
(1月10日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中