森ビル、ジャカルタでオフィスタワーを開発

(インドネシア)森ビルは8月9日、同社初の東南アジア開発事業となる「ジャカルタ・オフィスタワープロジェクト(仮称)」を発表した。インドネシアの首都ジャカルタ市に、高さ約266m、延べ約19万㎡の大規模オフィスビルを建設する。清水建設・Bangun CiptaJVの設計施工で、2021年の竣工を予定している。

現地法人

森ビル株式会社(東京都港区)は2016年5月にシンガポールに現地法人を設立し、成長著しい東南アジア諸都市を中心に、新たなビジネスチャンスを模索してきた。そして、このたび当社初の東南アジアにおける開発事業として、「ジャカルタ・オフィスタワープロジェクト(仮称)」を推進することを決定した。

目抜き通り

このプロジェクトは、ジャカルタ市最大のビジネス街において超高層ビルが集積する目抜き通り・スディルマン通り沿い、スマンギ交差点近くに位置する、ジャカルタ最高水準のプレミアムグレードとなる大規模オフィスタワー計画。
地上59階建て、高さ約266m、延床面積約190,000㎡で、高品質なオフィスと飲食施設等からなり、優れたセキュリティシステムと環境性能を備える。
(8月9日森ビル)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中