ジフテリアに感染、男性が死亡

(シンガポール)シンガポールでジフテリアに感染したバングラデシュ人男性(21)が死亡した。厚生省が8月7日発表した。男性はシンガポールから海外旅行に出ておらず、国内感染とみられる。ジフテリアによる死亡例が確認されたのは25年ぶり。
 イーシュン・アベニュー7にある会社寮に入っていたこの男性と接触していた同僚ら48人(バングラデシュ人46人とシンガポール人2人)が健康診断を受けた。2人はコーテックプア・ホスピタル(KTPH)の隔離病棟に入院した。
 男性は7月30日に発熱と首の腫脹を訴え、KTPHで診察を受けたあと、ただちに隔離された。5日後に死亡したという。
(8月7日チャンネルニュースアジア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中