交通反則告知書14万通;AWAS

(マレーシア)自動認識安全システム(AWAS)が今年4月15日に導入されて以来、7月末日までに、交通反則告知書14万2135通が発行された。
 内訳は、スピード違反が12万9781件、信号無視が1万2354件。減点処分をうけたドライバーは7258人だった。
 運輸省によると、現在、AWASのスピードカメラ合計21台が稼働中。KL、プトラジャヤ、ジョホール、セランゴール、ペラ、トレンガヌ、ケランタン、ケダに設置されている。

AWAS

 AWASは以前の自動交通取締システム(AES)と交通違反点数制度を統合したシステムで、AWASの導入に伴い、スピード違反、信号無視のほか緊急車両レーンの走行といった違反行為が摘発されている。罰金額は150リンギ。
 また、ドライバーは違反点数20点を超えると警告書が発行される。さらに20点の違反行為をすると免許停止の処分を受け、再び20点の違反点数を得ると免許取り消しとなる。
(7月31日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中