三井造船、サービス拠点を設立

(マレーシア)三井造船は7月24日、同社が製造・納入したコンテナクレーンのアフターサービス(改修・更新工事、部品販売)業務のため、2018年1月にセランゴール州クランにサービス拠点を設立すると発表した。
 同社が製造するコンテナクレーンは、東南アジアを中心に全世界に納入されており、岸壁用ガントリークレーン(ポーテーナ)350基以上、ヤード用トランスファークレーン(トランステーナ)1200基以上の実績がある。
 マレーシアのクラン港は、世界12位(2016年)のコンテナ取扱量を誇り、同社コンテナクレーンの最大顧客であるウエストポート・マレーシア社が経営するターミナルが同港の貨物の7割以上を扱っている。
 サービス拠点は今後、電気品更新、省エネ・能力アップ改造等の現地工事、及び予備品・消耗品の需要が予想されるWestports Malaysia社、及びマレーシア他港に上述のアフターサービスを提供する。
(7月24日三井造船)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中