「外国人警備員」766人を検挙

(マレーシア)2015年から今年6月末までの2年半に、出入国管理局は労働許可証をもたないもぐりの外国人警備員766人と、これらの外国人を雇用した雇用主13人を検挙した。ムスタファ・アリ局長が7月22日に発表した。
 警備員として違法労働をしていた外国人766人のうち、342人はネパール人、185人がパキスタン人、ほかはインド人(78人)、インドネシア人(78人)など。
 2015年~2017年6月30日の期間に、同局は379回の取り締りを実施し、1556人をチェックした。
(7月22日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中