ミニタクシ「E-bug」、ランカウイに登場

(マレーシア)ランカウイ島に来月、新しい観光アトラクションがお目見えする。ナザ自動車=NAZA AUTO SOLUTIONS (ASIA) SDN. BHD.(Naza Auto Solutions)=の開発した電気自動車を使ったミニタクシーサービス「E-bug」がそれ。
 7月11日、同島のダタラン・ペカン・ラブで催されたランカウイ・ハリラヤオープンハウスで、「E-bug」に投入されるユニークなデザインの電気自動車が披露された。ケダ州のバシャ州首相も出席した。
 「E-bug」の運行路線は、ジャラン・パンタイチェナンのラマンア・ラディ( Laman Padi )からランカウ・ホリデービラ・ビーチリゾート&スパまでの 2.4キロメートルだ。当初は2台でスタートするが、すで別に2台発注済みという。「E-bug」の定員は14人、最高時速28キロメートルとなっている。
 運行サービスはランカウイ開発財団とナザ・オート・ソリューションの共同事業。ランカウイ地区事務所のイシャク・ムラト所長は、ランカウイ島は電気タクシーサービスを導入済み。これに「E-bug」が加わり、島の二酸化炭素排出量が大幅に減ることが期待されると語った。
(7月11日サン/Naza Auto Solutions)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中