SBK線開通記念切手を発売

(マレーシア)クアラルンプール近郊を走るMRTスンガイブロー・カジャン(SBK) 線の全線開通を祝い、マレーシア郵便会社(ポス・マレーシアが記念切手を発売する。7月15日、記者会見を開き、切手シートの図案などを発表した。
 図案は(1)MRT電車と連絡バス(60セン)、(2)MRT駅(80セン)、(3)MRT駅と乗客(90セン)の3種。販売数量は(1)が30万4000シート、(2)と(3)が13万2000シート。このほか、ミニチュアシートも販売するが、こちらの価格は5.30リンギ。
 SBK線は首都圏MRT計画で建設予定の3つのMRT線の最初のひとつ。MRT公団は、各線が開通するたびに記念切手を発行するとしている。詳細はポス・マレーシアの切手&切手収集課( 電話;03-2267 2267 内線2000 /e-メール; filateli@pos.com.my)に問い合わせを。

7月17日に全線開通

 MRTスンガイブロー・カジャン(MRT SBK) 線が、7月17日に全線開通する. SBK線はフェイズ1とフェイズ2からなり、フェイズ1は昨年12月16日に開通した。7月17日にフェイズ2が開通することで、同線は全面開通となる。MRT SBK線は全長51キロメートル、全31駅。

事前視察

 17日のフェイズ2開通を前に、ナジブ首相夫妻が12日午後6時、MRTバンダル・ダマンサラ駅を訪れた。夫妻はMRT公団関係者の案内で、招待されたメディア関係者や有名ブロガーらとともに電車と連絡バスに試乗し、ご満悦の様子だった。
(7月12日、15日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中