公開ムチ打ち刑が可能に;ケランタン州

(マレーシア)ケランタン州のイスラム党(PAS)政権が州議会に上程した「2002年クランタン州シャリア刑事訴訟法改正案」=The Syariah Criminal Procedure Enactment 2002 (Amendment 2017) Bill)=の改正案が、賛成多数で可決された。
 これにより、州政府は、公開ムチ打ち刑を実施できることになった。同州では従来、ムチ打ち刑は刑務所内で執行されていた。今後は、イスラム裁判所が公開または非公開かを決める。むち打ち刑はイスラム教徒以外には適用されない。

観光業への影響はない

 ナズリ観光文化相は13日、「2002年クランタン州シャリア刑事訴訟法改正案」がケランタン州議会で可決成立したことについて、ケランタン州に主要な観光スポットがあるわけではなく、国内観光業への影響はないとし、「もし心配なら、ツーリストは他の州に向かえばいい」とコメントした。
(7月13日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中