「差別だ」の苦情、アストロが謝罪

(マレーシア)「アストロが設けている視聴料支払い規定は、インド系マレーシア人と外国人に対する差別だ」。こんな不満をマレーシアの有料衛星放送大手アストロに突きつけたマドハビ・ライさんに、アストロが謝罪した。7月9日、英字紙マレーメールの電子版が報じた。
 マドハビ・ライさんによると、アストロのカスタマーサービスから「インド系国民と外国人は、規定により、支払いは銀行口座からの自動引き落としでしかできない]と告げられた。 

ミスコミュニケーションと釈明

 アストロ・カスタマーサービスのバラムルガン・ムニラジュ部長は、ステートメントを発表し、以下のように謝罪した。
 「あってはならないことだ。弊社は民族により接し方を変えるような事はない。ミスコミュニケーションだった。今後このようなことが起きないよう、注意していく。マドハビ・ライさんに心から謝罪する」。
(7月9日マレーメールオンライン)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中