KLIAでの保安検査は男女別々?!

(マレーシア)「KLIAでは保安検査を男女別々のレーンで実施している」。ブロガーの批判に、マレー シア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)は7月2日、「男女を別々のレーンに分けて検査する規定はなく、ブロガーの批判は事実に反する」とのステートメントを発表した。
 ハンドルネーム(ペンネーム)「Nicootan」と名乗る同ブロガーは、6月29日にマリンド・エアでバンコクに向かう際、KLIAで搭乗前の保安検査を受けた時、男女が別々のレーンに並び検査を受ける光景を目にしたと述べている。
 「係官がひまをもてあましている男性レーンに比べ、女性レーンの方には3倍もの女性乗客が並んでいた。 MAHBは、検査を性別で区分けして実施する新規定をもうけたのだろうか?」(ブロガー「Nicootan」)。  
 これに対して、MAHBは、「女性乗客の検査は女性係官が担当する規定で、(出勤している)女性係官が少ない時は、どうしても列が長くなる。ただ、男女別に検査しているわけではない」と説明している。
(7月2日 NST サン)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中