「スターバックスをボイコットせよ」

(マレーシア)「全国のイスラム教徒よ、スタバを利用することはやめよう」。マレー 系民族右翼団体のペルサトァアン・プリブミ・ペルカサ・マレーシア(PERKASA/ペルカサ)は7月2日、このように呼びかけた。
 「性的マイノリティ(LGBT)コミュニティを支援している」が、カフェチェーン大手のスターバックスをボイコットするよう呼びかけた理由。インドネシアでも前日、イスラム団体が同様に呼びかけたばかり。ペルカサはこれに呼応するかのようにボイコットを呼びかけた。

ボイコットの理由

 ペルカサによると、2013年に同社のハワード・シュルツ会長(当時・最高経営責任者=CEO)が株主に対して、「同性婚に反対するなら、スタバ株を売却しなさい」と同性婚を支持する発言をしたという。ペルカサは、スターバックスの営業免許を取り消すよう、政府に要求している。
(7月2日マレーメール)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中