「人々こそが平和と安全の礎」;首相

(マレーシア) 6月25日、プトラジャヤの首相官邸でハリラヤ・プアサを祝賀するオープンハウスが開催され、集まった来賓や一般市民を前に次のように挨拶した。
 平和と安全を保ち、こうしてハリラヤを自由に祝賀できることを嬉しく思う。この機会に、軍や警察ではなく、人々こそが平和と安全の礎だと強調したい。人々が過激思想の影響を受けなければ、私たちは何の恐れもなく集まり祝祭を楽しめる。
 私たちは、多くの人々が集まる本日のオープンハウスで何も不安を感じず祝祭を楽しんている。マレーシアの安全が良く保たれていることの何よりの証拠だ。私たちが団結し、お互いを尊重することでマレーシアはいつまでも安全で更なる進歩と繁栄を続けられると、信じている。
 首相官邸の門戸を様々な人々のために開き、迎え入れられることを誇りに思う
(6月25日NST The Sun)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中