3カ国外相がマニラでテロ対策会議

(マレーシア)フィリピン、インドネシア、マレーシア3カ国の外相は6月22日、マニラで会議を開き、テロ対策を協議した。
 インドネシアのルトノ・マルスディ外相、マレーシアのアニファ・アマン外相、フィリピンのピーター・アラン・カエタノ外相は会議で、テロの根源とめされる貧困、麻薬、犯罪、社会的不公平等の除去のほか、テロの資金源を遮断するなどテロの封じ込めに共同で取り組む方針を確認した。次回(10月)、行動プランを取りまとめる。

タイムリーと評価

 アニファ外相は会議で挨拶し、「3カ国外相会議の開催は非常にタイムリーで、増大するテロの脅威に対抗するため新しいアプローチが必要だ」と述べた。
 会議終了後、カエタノ比外相が発表した共同声明によれば、3カ国はテロ資金の遮断のほか、過激派に関する情報の共有、ネット上でのテロ関連情報の拡散防止について具体的な計画をまとめることで合意した。
(6月22日NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中