GST課税食品リスト拡大措置、一日で撤回

(マレーシア/経済) 6月18日、関税局が物品サービス税(GST)の課税対象となる食品を60品目以上拡大する新たなリストを今年7月1日から施行すると発表した。
 関税局のスブロマニアム・ソラシー局長は同日付けの公式発表の中で、「課税対象に追加される品目は、マレーシア人に一般的な食物ではない」とも付け加えていた。

一日で撤回と発表

 しかし翌日の19日になって、スブロマニアム・ソラシー局長は決定は撤回されたと発表。同決定は財務省の判断に基づくものだと述べた。
 方針撤回は地元各紙の報道によるとジョハリ・アブドゥル・ガニ第2財務相の指示による動きの模様だ。
 「関税局の食品課税リスト拡大は内閣の承認を受けておらず、検討段階に留まっている」。同相は撤回指示の理由を、6月19日に地元メディアの取材に応じた際にこのように説明した。
(6月20日スター、NST、星州日報)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中