ペナン10位;「安く楽しめる旅行先」

(マレーシア)タイム誌は6月15日、「2017年安く楽しめる旅行先:アジアトップ10」を発表した。マレーシアからはペナン島がランクインした(10位)。
 航空運賃、宿泊費、食べ物、飲食店、アトラクション、犯罪率、気候、公共交通機関等々が調査項目。ペナン島については同誌は以下のようにコメントした。
  「美しい白砂のビーチ、大きなリゾート、閑静な漁村、にぎやかな都市中心部。ロロンバルのニューレーン・ホーカー・ストール(屋台)の料理にトライしてほしい。チャーコイカ(Char Koay Kak)などはいかが?お米の粉を蒸して、四角く切ったライス・ケーキをたまごやもやしなどと一緒に炒めたもので、味付けはチャー・クイティアオに似ている。絶品だ。どの屋台料理も1米ドルの半分程度と安い」。
 同誌は、ペナン島で旅費は2人1週間で 2669米ドル (RM1万1399.43)と計算している。

ルアンパバーン

 トップ10に入ったはラオスのルアンパバーン(9位)。聞き慣れない地名だが、ラーンサーン王国(1353~1975)の王都で、古くはムアン・スワといい、その後シェントーン と呼ばれるようになった。カーン川とメコン川の合流地点に位置する緑豊かな町ルアンパバーンは、その美しいラオスらしい町並みと、歴史的、文化的遺跡保護の観点から、1995年にユネスコによって世界 遺産に指定された。プーシーの丘から町並みが一望でき、ルアンパバーン名物でもある夕陽は荘厳だ(ラオス観光局)。

■トップ10(数字は米ドル)
1.西安(中国):$2,828
2. チェンマイ:$2,464
3. ホイアン(べトナム):$2,684
4. 台北: $2,553
5. シェムリアップ(カンボジア): $2,445
6. カトマンズ: $2,832
7. バリ島: $2,772
8. チェンナイ(インド): $2,680
9. ルアンパバーン(ラオス): $3,613
10. ペナン島: $2,669
(6月17日NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中