麻薬仲介人「Mr. T」の資産、差し押さえ

(マレーシア)タイ警察は最近、今年4月に逮捕したマレーシア人麻薬仲介人「Mr. T」(58)と妻子名義の巨額資産を差し押さえた。マレーシアの国営通信社ベルナマが6月18日に報じた。
 資産の多くはハジャイにあり、残りは南部各県にあった。タイ警察は「Mr. T」について、は麻薬密売集団のボスというより、麻薬密売集団の間に立って麻薬取引を仲介するブローカーとみている。
 ジョホール出身の「Mr. T」は、今年4月21日、チェンライからハジャイの空港に到着したところを逮捕された。前日20日には、Mr T」のタイ人妻、および仲間(手下)とみられるタイ人の男、台湾人の男がチェンライで逮捕されていた。
 タイ警察は3月20日及び30日夕、タイとマレーシアの国境にあるサダオ国境検問所で「アイス」と呼ばれる覚せい剤合計282キログラムを所持し車で国境を越えようと企てたマレーシア人2人を逮捕。2人の供述から「Mr. T」という男の存在が判明した2人は、Mr T」の指示で覚せい剤をマレーシアに運ぶ途中だった。
 逮捕された2人の供述から、「Mr. T」のグループは瓦解するまでに最低4~5回、「アイス」をマレーシアに密輸したことがわかっている。毎回平均して100キログラムの麻薬を密輸したという。マレーシア警察庁は、近く、捜査員をタイに派遣し、「Mr. T」を取り調べる。
(6月17日NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中