「ピザハット」で客の入店を拒否?

(マレーシア)「ピザハット」の店員に入店を拒否されたと女性客がツイッターでつぶやき、同店は「宗教上の差別はしていない」とした上で、調査を約束した。
 結果、両者間に誤解があったことがわかった。満員で座席が埋まっていたため、店員が入店できないと告げただけだったという。マレーメールが6月6日、7日に報じた。
 6日、女性客Wさんは、国内の某ピザハット店で、「ムスリム以外の顧客は午後8時半まで入店できないと言われた」とつぶやいた。これに対して、ピザハットは、「苦情について重く受け止め、すぐに調査します」と回答した。
 翌日、ピザハットは調査の結果として、「スタッフは、満席だったため、すぐには案内できないと伝えただけだ。決して宗教上の差別ではなかった。どなたであれ、来店された順に座席に案内するようにしている」と回答した。
 マレーシアは現在、ラマ ダン(断食月)中。断食明けの時間帯に店を訪れたようで、店内はイスラム教徒の顧客で満席だった。それもあって、Wさんは、宗教的な差別と受け取ったようだ。
(6月6日マレーメール)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中