金正男氏、殺害時12万ドル所持か

(マレーシア)朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏(45)が今年2月にKLIA2で殺害された事件で、正男氏が殺害時に12万ドル(約51万2000リンギ/約1300万円)の現金を所持していたことが6月12日までにわかった。

2月13日の凶行

 2月6日からマレーシアを訪れていた正男氏は、家族が暮らすマカオに帰国予定の同月13日、実行役の女2人(逮捕・起訴済み)や北朝鮮籍の男ら(帰国済み)に空港で待ち伏せされ、顔に猛毒のサリン系VX神経ガスを塗られて死亡した。
 警察が所持品を調べたところ、正男氏の黒のバッグなどから北朝鮮の外交旅券やノート型パソコン、携帯電話2台、薬に加え、大量の100ドル札が見つかった。100ドル札はほぼ新札で、300枚ごとに分けられ、計4束あったという。
 これほどの大金を申告せずに国外に持ちだすことはマレーシアでは不法行為。しかし、金正男氏は外交官旅券を所持しているため、持ち出しに何ら支障はなかった。
(6月12日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中