NTU、世界11位に;18年大学番付

(シンガポール)英国の国際高等教育評価機関、クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds、QS)が6月8日、2018年QS世界大学ランキング(QS World University Rankings)を発表した。
 シンガポールの南洋理工大学 (Nanyang Technological University、NTU)が世界11位に入った。一方、国立大学(NUS)は15位。
 NTUは2014年39位、2015年13位、2016年も13位だった。NUSは2014年22位、2015年と2016年は12位。常にNUSに先んじられていたが、NTUは今年はじめてNUSを超えた。アジアランキングでは、NTUが1位。
 2018年QS世界大学ランキングのトップ20に入った大学は、シンガポールの2校を除き全て欧米の大学である。

■2018年QS世界大学ランキング
<総合>トップ10
1位 マサチューセッツ工科大学(MIT)
2位 スタンフォード大学
3位 ハーバード大学
4位 カリフォルニア工科大学(CALTECH)
5位 ケンブリッジ大学
6位 オックスフォード大学
7位 ロンドン大学(UCL)
8位 インペリアル・カレッジ・ロンドン
9位 シカゴ大学
10位 スイス連邦工科大学チューリッヒ校

■2018年QS世界大学ランキング
<総合>11~20位
11位シンガポール南洋理工大学 (NTU)
12スイス連邦工科大学ローザンヌ校
13プリンストン大学
14コーネル大学
15シンガポール国立大学
16エール大学
17ジョンズ・ホプキンズ大学
18コロンビア大学
19ペンシルベニア大学
20オーストラリア国立大学
(資料; QSのWebサイト/www.topuniversities.com)
(6月8日Today)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中