MRT SBK線、7月17日に全線開通

(マレーシア)MRTスンガイブロー・カジャン(MRT SBK) 線が、7月17日に全線開通する。6月8日、プトラジャヤで開催された第3次国家空間計画(Third National Physical Plan 、RFN Ke-3)=(NPP-3)、第2次国家都市政策(Second National Urban Policy 、DPN2)、国家農村空間計画政策(National Rural Physical Planning Policy (DPF Desa Negara)の発表セレモニーで挨拶した際、MRT SBK線の開通日を明らかにした。
   
フェイズ1は昨年12月に開通

 MRT SBK線は全長51キロメートル、全31駅。フェイズ1と2に分けて順次開通する。MRT SBK線のフェイズ1は昨年12月16日に開通した。
 フェイズ1は スンガイブロー/セマンタン間の12駅、 セマンタン/カジャン間のフェイズ2は19駅だ。

NPPとは

 国家空間計画(National Physical Plan:NPP)は国の戦略的空間計画政策および施策。連邦都市農村計画局が立案する。 NPPが初めて閣議で承認されたのは2005年のことで、2006年から2020年にかけての半島マレーシアにおける土地利用と空間開発の方向性と手法が盛り込まれた。NPPの見直しは、国家五カ年開発計画の見直しと並行して五年ごとに実施される。
(6月8日NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中