たばこ原因の死者、年間2万人超

(マレーシア)5月31日はWHO=世界保健機関が定めた「世界禁煙デー」。ペナン消費者協会(Consumers Association of Penang 、CAP) のモヒディーン・アブドル・カデル副会長は「世界禁煙デー」をひかえた30日、たばこが原因で死亡するマレーシア人は年間約2万人と発表した。
 「もし、マレーシア人が1日20本煙草を吸うとしたら、マレーシア全体では1日460万本になる計算だ。家族と経済への悪影響は想像を絶する。また、愛煙家が毎月使うタバコ代は平均178リンギとなっていて、家計にひびく。政府は電子タバコもやめさせるよう手を打つべきだ」。(同氏)。
  
世界では

 「世界禁煙デー」を前に、WHOは30日、たばこが原因で死亡する人は世界で年間700万人を超え、医療費負担などによる経済的な損失は155兆円に上るとして、各国政府にたばこの規制強化を呼びかけた。
 WHOによると、たばこを日常的に吸う人は世界全体で、およそ10億人。また、たばこが原因で死亡する人は年間700万人を超え、89万人はたばこを吸わないものの、他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙で、死亡したとしている。
(5月30日NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中