「次の首相にふさわしい政治家」ナジブ首相トップ

(マレーシア)、「マレーシアの次の首相にふさわしい政治家」調査で、ナジブ首相を推す声が一番多かった。
 野党・人民公正党(PKR)のシンクタンク、インボーク政策イニシアチブ・センター(Invoke Centre for Policy Initiatives/I-CPI)が、このほど実施した「次の首相にふさわしい政治家」調査結果を5月24日に発表した。
 回答者は、国民的人気を誇る有名政治家10氏中から「首相にふさわしい人」を選んだ。1万7962人に質問したが、うち34%(6172人)は回答を拒否した。
 ナジブ首相が5568票(全体の31%)で1位。2位はアンワル ・イブラヒム元副首相(PKRの実質的最高指導者)で1462票(8%)だった。ほかの野党リーダーの得票率は以下の通り。

☆PAS(全マレーシア・イスラム党);アブドル・ハディ・アワン党首;6.1%
☆PPBM(ブミプトラ団結党);マハティール議長;5.7 %
☆PPBM;ムヒディン総裁;4.4 %
☆PKR;ラフィジ・ラムリ副総裁 ;3.7 %
☆PPBM;ムクリズ・マハティール副総裁;2.9%
☆PKR;ワン・アジザ総裁;1.6%
☆PKR ;アズミン・アリ筆頭副総裁;1.2%
☆PKR;ヌルル・イザ・アンワル副総裁 (※アンワル氏の長女);0.9%

野党勢ではPAS党首が1位

 回答者をマレー系市民に限定した支持率をみると、PAS(全マレーシア・イスラム党)のアブドル・ハディ・アワン党首を29%が「次期首相にふさわしい人物」に推している。以下、マハティール氏(18%)、ムヒディン氏(15%)、アンワル氏(14%)の順。
 華人系市民の回答では、も「次期首相にふさわしい人物」ではアンワル氏が35%の支持を受けてトップ。以下、ラフィジ氏(19%)、マハティール氏とワン・アジザ氏(各12%)、ムシディン氏(9%)の順となった。
(5月24日マレーメールオンライン)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中