プロトン株式49.9%買収;吉利集団

(マレーシア)マレーシアの複合企業DRBハイコム( DRB-Hicom Bhd)は5月24日、不振が続く傘下の自動車メーカー、プロトン・ホールディングスの保有株49.9%を、中国のジリ・ホールディングス(浙江吉利控股集団/Zhejiang Geely Holding Group Co., Ltd =Geely Holding)に売却することで合意したと発表した。
 吉利控股集団は、中国の民間大手自動車メーカー、吉利汽車とスウェーデンの自動車会社ボルボ・カーズの親会社。董事長(取締役会長)は、李書福(リー・スーフー)氏である。
 吉利控股集団はこの買収で、プロトンの擁する英スポーツカーメーカーのロータス・カーズの株式(51%)も所有することになった。
 プロトンは国民車メーカーとして1983年に設立され、国内シェアの大半を占めていた。しかし、その後深刻な経営不振に陥り、外資との提携を条件に2016年4月には政府から15億リンギ(388億円)の融資を受けた。同社はギリをパートーナーに迎えた事で、政府との約束を果たしたことになる。
 プロトンの業績不振は続いている。2016年3月31日締めの2016年度決算でおよそ10億リンギの赤字を計上した。ジリ・ホールディングスのバックアップを受けて経営立て直しをはかる。
(5月24日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中