ハラル・ギョーザをマレーシアで販売

(マレーシア)和菓子製造・販売のとかち製菓(本社:北海道河西郡中札内村、駒野裕之社長)は5月18日、ハラル・ギョーザの商品化に向け、セランゴール州の食品メーカー「DKAYベンチャーズ」(Dkay Ventures Sdn Bhd)との間でOEM(委託製造)契約を締結した。
 駒野社長と帯商の武田光史産業振興部長らがJICAマレーシア事務所(クアラルンプール)でDKAYベンチャーズの幹部と調印式に臨んだ。

地元紙も一斉に報道

 5月18日付ベルナマ、20日付十勝毎日新聞 電子版、21日付アストロワニ(astroawani)、21日付ハラルタイムズ(halaltimes)などが報じた。
 とかち製菓によるハラル対応としては、大福に次いで第2弾となる。ハラル認証手続きの上で、マレーシア国内を中心に8月の発売を目指している。
 ハラル・ギョーザの販売に当たってはマレーシアでなじみのある伝統菓子に似せた半円形とし、あんの鶏肉、皮に使う小麦粉はともに現地産を使う。月5万個を生産する計画だ。
 4月開催のマレーシア国内での国際見本市で試作品を出したところ、好評だったという。DKAYベンチャーズがハラル認証を申請し、認証を受けた自社工場で製造する。
(5月18日ベルナマ、20日十勝毎日新聞電子版)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中