ペナン島で高齢ドライバーの暴走事故

(マレーシア)ペナン島ジョージタウンのロロンバル(ジャラン・マカリスター近く)で5月19日午後6時半過ぎ、乗用車が突然暴走して屋台に突進する事故があった。食事客ら少なくとも5人が軽傷を負った。
 警察発表では、事故を起こしたドライバーは女性。事故後、恐慌状態に陥ったのか、女性は逃走した。警察が行方を追っている。
 ドライバーは、チェンジレバーを前進の「D」ではなく、後退の「R」に入れ、ギアの位置を目で確認しなかったようだ。

同日夜、警察に出頭

 事故を起こした女性は19日夜、北東地区警察署に出頭した。同署によると、女性は70歳、事故発生から数時間後に出頭した。女性は、「ゆっくりバックしていたのだが、ブレーキのつもりで、アクセルを踏んでしまった」と説明した。女性は逮捕されていない。調書に署名したあと、帰宅を許された。
 この事故で、ウーン・クイーフォンさん(59)が重傷を負い入院した。ほかの数人は軽傷だ。
(5月19日、20日NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中