倉庫のハラル認証、日通が取得

(マレーシア)日本通運のマレーシア現地法人、マレーシア日本通運は5月15日、5月16日を発効日として、マレーシア政府の認証機関であるマレーシアイスラム開発局(JAKIM)から倉庫に関するハラル認証(MS2400-2)を取得したと発表した。
 マレーシア国内ではハラルについて、2013年7月、世界で初めて物流に関する認証基準であるMS2400-1(運送)とMS2400-2(倉庫)が制定され、JAKIMによって認証の受付が開始されている。
 マレーシア日通は、2014年12月に日系物流企業として初めてMS2400-1を取得し、マレーシア国内のハラル運送の受託を開始。2015年6月には世界最大のハラル機内食メーカーである「ブラヒム社」との業務提携契約を締結し、国内・国際運送に積極的に取り組んできた。
 2016年10月にはトラック・貨物用コンテナの宗教洗浄を自社で行う事が可能となる認証を受けた。日本国内でも、JAKIMの相互認証機関である日本ハラール協会から2016年1月に倉庫、同年2月には運送のハラル認証を取得している。
(5月15日日通)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中