絶滅危惧種のカメ330匹を保護

(マレーシア)KLIA税関は5月14日、市民からの情報にもとづき、航空貨物倉庫で330匹(120万リンギ/約3120万円相当)の亀を押収した。保護されたのは絶滅危惧種のホシガメが325匹、ヘサキリクガメが5匹である。
 これらの亀は、マダガスカルから到着した貨物から押収された。税関当局の幹部が15日、明らかにした。

木箱から発見

 税関職員は空港の航空貨物倉庫から不審な木箱5個を発見し、中をあらためると世界で最も絶滅が心配される種類のカメ多数が出てきた。木箱は貨物機でマダガスカルの首都アンタナナリボから輸送されてきたもの。
 闇市場でのホシガメとヘサキリクガメの価格は、それぞれ1000米ドル(RM4334) 、4000米ドル (約RM17339) という。
(5月15日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中