白いオランウータンを保護!

(インドネシア)インドネシアのカリマンタン島で4月29日、白い毛と青い目を持つオランウータンが見つかり、自然保護団体「ボルネオ・オランウータン・サバイバル財団」(BOSF)が保護した。BOSFが5月1日に発表した
 全身の体毛や皮膚が白く、青い瞳のこのオランウータンは推定5歳のメスで、中部カリマンタン州カプス県( Kapuas Regency)カプスーフル郡のタンギラン(Tanggirang)村で住民に飼われていた。レスキューされた時は檻の中にいたという。
 衰弱気味だったオランウータンは、ニュアル・メンテンにあるBOSFのリハビリセンターに移送された。保護された時は8.3キロしかなかった体重が9日までに12.8キロに増えるなど元気を回復しつつある。
 BOSFは9日、名前を公募すると発表。名前の応募は14日で締め切り、15日に結果を発表する予定だ。
(5月1、10日BOSF)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中